Automatic Task Killer

スリープ状態になるとタスクやプロセスを自動で終了してくれる便利なAndroid向けタスク管理アプリ

Automatic Task Killer(オートマティック タスク キラー)は、スリープ状態になったときなどに自動で設定したアプリを終了し使用メモリー領域を解放できる無料タスク管理アプリです。Android端末を使用していると気付かないうちに多くのアプリが稼働しメモリーを使用することで端末全体の動作が遅くなったり、重くなることがあります。Automatic Task Killerを使うとスリープ状態になると自動でタスクを終了しメモリーを解放しますので、いつでも快適にAndroid端末を扱えます。複雑な操作も不要ですので「最近Android端末の動きが悪いな」と感じている人は試してみてはいかがでしょうか。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 自動でタスク終了をしてくれるタスク管理アプリ
  • 複雑な操作が不要で使い方が非常に簡単
  • 手動でタスクの強制終了を行える
  • 解放されたメモリー容量が通知される

反対票

  • 端末や状況によってはうまくタスクを終了できないときがある
  • タスク終了のスケジュール化ができない

とても良い
8

Automatic Task Killer(オートマティック タスク キラー)は、スリープ状態になったときなどに自動で設定したアプリを終了し使用メモリー領域を解放できる無料タスク管理アプリです。Android端末を使用していると気付かないうちに多くのアプリが稼働しメモリーを使用することで端末全体の動作が遅くなったり、重くなることがあります。Automatic Task Killerを使うとスリープ状態になると自動でタスクを終了しメモリーを解放しますので、いつでも快適にAndroid端末を扱えます。複雑な操作も不要ですので「最近Android端末の動きが悪いな」と感じている人は試してみてはいかがでしょうか。

Automatic Task Killerの使い方は非常に簡単です。起動するとアプリの一覧が表示されます。基本的な操作はスリープ状態で終了させたいアプリを選択するだけです。選択されたアプリは画面右端に星印が表示されます。あとはスリープ状態に入れば自動的にタスクを終了しメモリーが解放されます。複雑な操作は全く必要なくいつでもAndroidを最適な状態に保てます。解放されたメモリー容量はスリープから復帰時に通知として表示されます。また手動でアプリを選択して強制終了する機能も用意されています・「設定」により「手動キル画面」に切り替えると利用できますので、自動で終了できないアプリがあった場合などは手動でタスク終了を行うといいでしょう。

Automatic Task Killerは非常に便利なタスク管理アプリですが、アプリや端末の状況によりタスク終了ができない場合があります。またスリープ時にタスク終了を行う以外にスケジュール化してタスク終了を行うことはできません。最適化のスケジュール化が可能なアプリとしては、キャッシュクリア機能も合わせて持つワンクリックで最適化があります。またキャッシュやバッテリーなど総合システム管理アプリを求めるのであればAndroid AssistantZdbox『正点ツールボックス』を試してみるといいでしょう。

Automatic Task Killerは、スリープ状態になったときに自動的にタスクを終了しいつでもAndroidを軽快に保てるタスク管理アプリです。

— タスクマネージャー・メモリー・キャッシュクリア —

Automatic Task Killer

ダウンロード

Automatic Task Killer 4.0.5